スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Touch

Touch

触れ合わせるのなら
柔らかい唇より
その透き通る冷たい心を

微熱は優しく
すべてを暖めてくれるけど
唇が離れたら
すぐに冷え切ってしまうもの


寄り添わせるのなら
滑らかな肌より
その満たされぬざらついた想いを

微熱は狂おしく
すべてを抱きとめてくれるけど
指先が離れたら
もうそこにいないのと同じ


切ない温もりを求めるより
伴う痛みを向けてください

触れたいのは
寄り添いたいのは
温度の先にあるもの

傷つけられても構わない
その差し出す指先を払いのけ
怯える瞳を覗き込む


逸らした視線から
涙がこぼれ落ちるのなら

その雫が頬を伝って
その雫が枯れ果てて
心をさらけ出したあなたが
心のままにその瞳を向けてくれるまで

わたしの心はあなたのそばにいます
関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。

上記の詩を読み始めたときは『甘い、切ない.....赤面!』になってしまいましたがだんだんと....泣きそうになる己がいました...。
言葉一つ一つに引き込まれて......ラストの
”わたしの心はあなたのそばにいます”
に号泣。
大人な詩に感動しました。
有り難うございまする。

のらりくらりと訪れる所存故。
それでは失礼いたしまする。
***夢奏人***

コメ返です

夢奏人様

ご訪問ありがとうございます!

号泣までしていただけるとは……!!
このようなコメントをいただけて、こちらも号泣しそうです。
励みになります。
また、遊びに来てください!

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール
気ままに更新してます。 気にいっていただけるものがあったならこれ幸いです。

三日月幻夜

Author:三日月幻夜
よく「雰囲気大分違うけど、同じ人が書いたの?」って言われます。
色々あるので見てってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ(ツリーが開きます)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。