スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け殻の回想

そこには抜け殻がしがみついている
背がはぜ 薄茶色い透明感に浸る
形だけ残した感情の残り火

夏が過ぎ そこから飛び立った羽根の色
白々しいまでに極彩色の感情のごとく
抜け殻に残ることはない
冬になろうと抜け殻は静かに
ただ 静かに
その場で佇んでいるだけ
からっっぽの目には
何がうつったか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール
気ままに更新してます。 気にいっていただけるものがあったならこれ幸いです。

三日月幻夜

Author:三日月幻夜
よく「雰囲気大分違うけど、同じ人が書いたの?」って言われます。
色々あるので見てってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ(ツリーが開きます)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。